園の生活園の生活

聖愛の生活聖愛の生活聖愛の生活

保育時間

月~金 7時30分~19時
8時~16時

詳細は募集要項

お昼ごはん

  

1号こども

お弁当か、給食が選べます。
給食は1食330円。毎日でなくても、月に1回だけ頼むといったことも可能です。

  

2号こども

毎日給食です?
月額6,000円(主食費1,500円+副食費4,500円)

  

*自園調理による給食となります。
*アレルギー食対応

通園方法

  

保護者による送迎をお願いいたします。

聖愛の1年間聖愛の1年間聖愛の1年間

年間行事

4
  • 入園式
  • イースター礼拝
5
  • 保護者参観
  • 移動動物園
  • 園外保育
6
  • 花の日礼拝
  • 園外保育
  • プール開き
7
  • 親子登園日
  • 宿泊保育(年長)
8
  • プール開放
9
  • おじいちゃんおばあちゃんの日
  • 園外保育
  • 夕涼会
10
  • 運動会
  • 教会学校デー
  • いもほり
  • みかん狩り
11
  • 親子遠足
  • 収穫感謝祭
12
  • クリスマス
1
  • もちつき
  • 園外保育
  • 観劇
2
  • お別れ遠足
  • 雪遊び(年長)
3
  • お別れ会
  • 卒園式

あそびがいっぱいあそびがいっぱいあそびがいっぱい

  • 近日公開♪
    おまちください

  • 近日公開♪
    おまちください

  • 近日公開♪
    おまちください

  • 近日公開♪
    おまちください

  • 近日公開♪
    おまちください

  • 近日公開♪
    おまちください

  • 近日公開♪
    おまちください

  • 近日公開♪
    おまちください

  • 近日公開♪
    おまちください


その他、聖愛幼稚園の日々がみられるブログはこちら♪

あそびがいっぱいあそびがいっぱいあそびがいっぱい

その他イベント

  

園庭開放
地域の未就園児、入園希望者も親子で参加していただけます。図書館を開放している日もあります。

子育てサークル活動(未就学園児対象)
月1回、主に水曜日午前10:30~11:30、年10回
親子で遊んだりクッキングや製作をして楽しいひと時を過ごしています。

キンダーカウンセリング
子ども達のストレスや友達関係の悩み、幼稚園での悩み、保護者同士の関係や地域の悩みなどを臨床心理士によるカウンセラーのアドバイスを行なっています。

詳しくはこひつじネットでご確認ください。

その他活動

こども英会話
毎週1回年長組はネイティブの先生と「英語で遊ぼう」の時間を設けています。
みんなで簡単な英語の歌を歌ったり、ゲームを楽しんだりしています。

PTA活動
講演会、講習会、夕涼み会、バザー等の企画運営など

課外サークル活動

園児の仲間つくり、健康増進、体力づくりの一環として下記のような、“サッカー”及び“一輪車で遊ぼう”サークル活動を行っています。



ご案内


☆サッカー
活動日: 月2回 金曜日 午後2時から4時(2部制)
指導:矢野コーチ、松村コーチ(田辺サッカーアカデミー)
費用:月会費1080円
募集定員及び対象: 園児(年中・年長のみ・定員になり次第締め切ります)
持ち物、服装: 運動しやすい服装、運動靴、帽子(紅白)、飲み物
雨天の場合: 中止致します。(サッカークラブよりメールでお知らせ致します。)

☆一輪車で遊ぼう
活動日: 月2回 木曜日 午後2時~3時
指導: 加藤鉄三郎元園長(日本一輪車協会認定インストラクター)
入会金及び月会費: 入会金1000円 月会費500円
募集定員及び対象: 園児 5歳児対象
持ち物、服装: サッカーに同じ
雨天の場合: 室内で活動します。

○8月はお休みです。(サッカーは年度によりある場合もあります。)
○いったん納入された費用は返却できません。
○万一、けがの場合、応急手当をいたします。

森の幼稚園森の幼稚園

聖愛幼稚園は、平成18年度より森の活動を行っています。

初夏には、田んぼの中に入って泥の感触を楽しみ、体も顔も泥だらけです。
泥の中にはオタマジャクシがいっぱい。
泥を両手ですくい上げてオタマジャクシをみつけて大喜びです。
沢遊びでは、沢ガニをみつけこわごわ捕まえる子どももいます。

秋にはサツマイモ掘りやミカン狩りに行ったり、バッタやカエルと遊んだり、
木の実や木の葉をみつけたりして楽しみます。
急な坂をよじ登ったり、滑り降りたりしながら森散策も楽しんでいます。

冬山ではカサカサという音を聞きながら枯葉の上を歩き回ったり、
雪遊びをしたりして、四季折々の自然との触れ合いを楽しんでいます。

幼児期に自然の中で心に響く体験をすることで、
子どもたちは「いのち」の大切さを学び、
自然を大切にする気持ちや、自分で考えて行動する力を養います。

幼児期にいろいろな自然体験の活動を通して、
人格形成の基礎となる心情、意欲や感性を培い、
感謝する心、探究心、忍耐力、協調性など、自主性や社会性が育っていきます。
身近な自然に親しみ、友達と関わりながら
「おもしろいね」「もっとやりたい」「もっとしりたい」
そのような子ども達の気持ちが生まれる保育を目指しています。

大自然の中で遊ぶことは動物としての「ヒト」の能力を高めることにもつながる。
都会の生活にない刺激を受けることは
「生命力を高めるし、それは仕事をする時にも役立つはず」
と、医師・登山家 今井通子さんは述べています。
幼児期はいろいろ具体的な体験を通して、
人格の基礎となる心情・意欲・態度を培っていきます。

  • 近日公開♪
    おまちください

  • 近日公開♪
    おまちください

  • 近日公開♪
    おまちください

  • 近日公開♪
    おまちください

  • 近日公開♪
    おまちください

  • 近日公開♪
    おまちください

  • 近日公開♪
    おまちください

  • 近日公開♪
    おまちください

  • 近日公開♪
    おまちください